フライヤーを業者に依頼すると満足のいく出来に仕上がる

業者の価格の違いを比べる

PRINT

大量に使用する時に使いたい

印刷のみならずデザインを手がける会社にフライヤー印刷を発注するにしても、仕上がりと速さ、低価格であるところを選びたいものです。例えば、取扱商品を見てみれば、チラシやフライヤーだけより、パンフレットやカタログなどまでラインナップされていれば、色々な用途での利用もできます。企業のみならず、個人が利用しやすいように、小ロットから依頼できることもポイントでしょう。フライヤー印刷では、オフセット・オンデマンドというワードが出てきます。また、フライヤー印刷とチラシ印刷の違いの定義はありませんが、定型サイズや紙の厚みの違いがあるようです。低価格を求めるならば、出荷日を長く設定することをおすすめします。先に述べたように、オフセットとオンデマンド、どちらを選択すべきでしょうか。クオリティーを求めるならば、オフセットが最適です。印刷技術の違いがあり、転写や紙に印刷するオフセットとは違い、電子写真方式がオンデマンドです。オフセットでは、写真やイラストも容易に印刷できる上、価格を安く設定しているところも多いようです。多色、カラーというように鮮明さを求めるフライヤー印刷には最適です。ただし、白黒印刷には勿体ないほどの出来映えなので、どんな印刷に仕上げるのか、この点で使い分けましょう。版が用紙に触れないことでフライヤー印刷が鮮明に仕上がりますから、人に渡す(ビラ配り)のなら、見た目での印象が違ってきます。質と予算からはオフセット印刷がおすすめです。参考までに、オフセットのフライヤー印刷、A4サイズ・コート紙90キロ・片面フルカラー100部で720円程です。反対に、オンデマンドのフライヤー印刷、同じ価格帯では片面フルカラー10部で710円という内容で仕上げる業者もあります。

Copyright© 2019 フライヤーを業者に依頼すると満足のいく出来に仕上がる All Rights Reserved.