フライヤーを業者に依頼すると満足のいく出来に仕上がる

印刷の質を高められる

PRINT

紙質や挿入できるものが多彩

チラシやフライヤー印刷の専門業者に依頼するにしても、印刷用紙の紙の厚みに戸惑うこともあるでしょう。コート紙90kgや100kgの数字を見ても、基本的に業者でないのならば、一般の方には理解できません。チラシとフライヤー印刷の違いも含め、どう判断すればよいのか、基準や目安になるサービスが人気取りしています。印刷通販サイトが代表例で、紙の厚さに関しておまかせメニューも用意しています。熟知している専門スタッフが用途を聞き、希望や予算に合わせて提案してくれるケースもあります。フライヤー印刷は、ポスティングなどのビラ配りに利用することが非常に多い印刷物のようです。誰もが、目や手で触れるもので目安にしてみると、コート紙90kgでコピー用紙の厚みになり、コート紙110kgでお札の厚さほどになるようです。もちろん、業者によってはサンプルを提供してくれるので、参考にできる点で人気のようです。万人受け・向けとなるいわゆる、定番型での発注ならば、納品も早く、小ロットも可能にします。また、希望通りのフライヤー印刷に仕上げるにも、写真や文字だけでなく、紙や印刷の質が何より重要です。手にした時の感触、ツヤで人気を集めるのはコート紙ですが、さらにマットコートや上質紙などは上質感で選ばれています。さらに、フライヤー印刷が人気である理由には、一枚の紙に伝えたい印刷を挿入できる点です。例えば、QRコードを印刷したり、地図を入れたり、企業や団体、個人でも顔写真の挿入なども可能です。

Copyright© 2019 フライヤーを業者に依頼すると満足のいく出来に仕上がる All Rights Reserved.